鳩ネットで鳩対策をしよう【被害を未然に防ぐことができる】

南京虫の被害にあったら

南京虫

経緯を詳しく記しておく

最近、南京虫による被害をよく耳にします。戦後は殆ど姿を見せなかった害虫が、ここに来て再び猛威を振るい始めているのです。南京虫の被害の大元は、外国から持ち込まれたことが殆どです。諸外国との行き来が盛んになり、荷物に混じって運ばれてくることが多いのです。南京虫は、その姿を確認することが困難で、気が付かないうちに被害が拡大している事例が多々あります。しかし、被害状況を詳しく確認すれば、南京虫によるものかそうでないは直ぐ判別できます。先ず、南京虫に刺される被害は夜中に集中しています。就寝中に急に痒みを覚えて目が覚めるようなことが続くようであれば、南京虫の仕業と見て間違いないでしょう。一度害虫に住み着かれると、個人での南京虫駆除は困難になります。家庭用殺虫剤でも殺すことは可能ですが、小さな溝に隠れている個体には届かず、被害を繰り返すことになるのです。南京虫の存在に気が付いたら、なるべく早い段階で専門業者に駆除を依頼することが重要です。南京虫駆除を依頼する際には、それまでの被害状況や経緯を詳しく説明できるようにしておきましょう。南京虫駆除の専門家は、被害の状況を聞くことで害虫の種類を特定してくれます。中には、南京虫の被害と思われていたものが別の吸虫の仕業であった場合もあったりするのです。南京虫駆除には、南京虫に特化した薬剤散布が不可欠です。確実に駆除してもらうためにも、被害状況の記録を記述しておくことが大切です。

Copyright© 2018 鳩ネットで鳩対策をしよう【被害を未然に防ぐことができる】 All Rights Reserved.